HOME
大分県
歴史
Ads by Google
大分県の歴史に関するスポット



中津城








咸宜園










岡城




安国寺集落遺跡





杵築城
武家屋敷群





臼杵石仏
メモ
中津城中津市現在ある天守閣は他の城を参考にした模擬天守です。模擬天守内部は資料館として利用されています。<中津城
岡城竹田市標高325mにある山城で、現在は城郭のみが残っています。<岡城跡
臼杵石仏臼杵市平安時代後期から鎌倉時代にかけて造られたと考えられている60余体の石仏群です。<国宝臼杵石仏
杵築城杵築市現在は模擬天守が建てられています。<杵築市役所
武家屋敷群杵築市北台と南台に武家屋敷が立ち並んでいます。<杵築市観光協会
安国寺集落遺跡国東市弥生時代から古墳時代はじめにかけての集落遺跡です。弥生のムラ安国寺集落遺跡公園として整備され、竪穴住居や高床建物を復元しています。<国東市役所
咸宜園日田市江戸時代の儒学者・廣瀬淡窓が創立した私塾です。咸宜園跡に、塾舎は撤去されてしまったが居宅(秋風庵)や書斎(遠思楼)が残っています。<別府市役所
Ads by Google
Ads by Google
Ads by Google
Copyright © 国内旅行観光情報・大好き日本 All Rights Reserved